ことばノート

目新しい写真もない昨今なので、手元にある地味なノートを撮ってみました。
koto1.jpg

何の変哲もないこのノート、ことばれんしゅうちょうと言って、5冊くらい家にあります。たぶんハタチくらいからかなあ、日常で気になった言葉をジャンル関係なく書いて集めたものです。本を読んだり、歌の歌詞だったり、新聞記事やドラマのセリフ、何でもあり。お、今なんか、ちょっといいこと言った!?と思うと、メモメモ・・・という地味~な作業が積み重なったものです。
ブログを始めたときにも、タイトルが思いつかなくて、なんか文章を書くしこのノートからとればいいや、と思って付けたのでした。このノート自体も、昔、日本語練習帳という本があったので、それからなんとなく拝借したものです。(^_^;)

そんな適当なこのノート、どんなふうに使うかと言えば・・・まあ、大した使い道ではないのですが・・・時々開いては自分で自分を慰めたり、励ましたり、悩みを解消するヒントを得たりするのです。
今回は最近気になった言葉とか、肝に銘じている言葉を抜き出して書いてみます。

上が──
“いつ誰を何のミッションに任命(アサイン)するか”なんてことは
誰にも分からんことだ。
俺は去年のISSミッションが初のフライトだったわけだが・・・ずいぶん待たされた。
同期の奴らがどんどん先に選ばれる中 なぜ俺だけが選ばれないのか
考え苦しんだ時期もある。

それで・・・アンディはどうしたの?

考えるのをやめたさ。
目の前にある訓練や仕事をさらに増やして
それで頭いっぱいにしてやった。
そういう意味では このNEEMO訓練は俺にはちと物足りんな。
俺が本気の時は──
もっとガンガン働けるぜ ムッタよ。   (宇宙兄弟 16巻)


アンディとここで話してさ・・・目が覚めたよ 俺。
それで・・・
先のこと考えるのやめたんだ。
わかってたけど 大事なのは 結局・・・
“今”だ。    (宇宙兄弟 16巻)


今この訓練が 
どうやったら最高のもんになるかだけを 考えることにした。
やったことはきっと俺らの力に変わるはず・・・。
だからケンジ・・・
ちょっとだけ 
無理なことに挑戦してこーぜ。   (宇宙兄弟 16巻)



迷ってるヒマなんてない。
人生は短いんだ。
テンションの上がらねえことに
パワー使ってる場合じゃねえ。   (宇宙兄弟 11巻)



石をころがしてきた何時間ものあいだ、
ただの一度も目をあけず、誰が何を言っても耳をかさず、
石炭くずとほこりにまみれた石の中にある銀だけを、一心に見つめてきた。
自分と石、それだけがすべて。
ほかのものが入りこむすきまはない。
車が急ブレーキをかける音やどなり声は聞こえてくるが、
そういうものと自分のあいだに線をひき、
とにかく石をころがしつづける。
ほんとうに大切なものがあれば、ほかのものすべてを無視していい。
そうすればうまくいく。
自分の世界に入りこみ、目をとじて、おおげさな言葉を休まずつぶやきつづける。
そのうち確信がもてるようになる。  (トーベ・ヤンソン 彫刻家の娘)


「おそれることはないさ。
海はすきほうだいをやらかすんだ。
かまうもんか。」  (ムーミンパパ海へ行く)


「おい、どうなった。
わしのようすを気にしてくれるものは、だれもいないのか。」

と、じゃこうねずみがききました。

ムーミントロールはしょうじきに答えました。

「ありません。ぼくたち、
ほかにいっぱい考えることがあるんです。
だから、あんたのことを考えるのなんか、
ぜんぜんよけいなことだと思うんです。」  (ムーミン谷の彗星)


いいんだよ。
それが正解さ。
ただ一つだけ
守りたいものを最後まで守り通せばいい。   (アニメ 魔法少女まどかマギカ 9話)


もし、あらかじめ危険を回避するか、やわらげる方法があるのなら、それを行ってください。
もし、心配ごとがあって、でも、いまはそれに対して具体的に何もできない場合は、放っておきましょう。
先のことを考えるのはやめて、いまこの瞬間のことだけに専念しましょう。  
 (グサリとくる一言をはね返す心の護身術)


「確かに、昨年は2番であまりいい結果が出ていなかった。でも」

と松井は言葉をつなげた。

「それは、打順に問題があったわけではなく、そういう時期だったということです。」

彼の哲学は変わることがない。

「自分にコントロールできることと、できないことを分けることが大事です。
コントロールできることだけを考えて準備する。
制御できないことを考えても仕方がない。」  (朝日新聞 スポーツ欄)


松井選手のこの言葉はけっこう有名です。
詳しくまとめてくださってるサイトがあったので貼っておきます。こちら

松井選手のこの考え方は、他のところでも見かけます。
コントロールできないことを気にしないようにする3つのステップ
決定権が無いことを悩んでも損!【コントロールできないことは気にしない】

最近は自分でも、自分にできることは少ししかないなあ、と実感することが多かったです。
できることは当然するし、ちょっとだけムリすればできることにも挑戦します。でもそれ以外の、自分の管轄外のことは仕方がない、と思います。
今が大事、という考え方は、ともすると、「今だけ良ければいいんだ」、という快楽主義と混同されがちですが、そうではなく、「できることをやるけれど、今に焦点を置く」、ということだと思います。
雨が降るか降らないかは心配しても始まらない、でも過去に降られた経験から今度は折りたたみ傘をカバンに入れておこうと思ったり、天気予報を見て大体の予測を立てて、布団を干すのは別の日にしようと決めたりします。そんなふうに人はみんな過去も反省するし、明日の心配もします。もちろんそうでなくてはいけません。
でも、管轄外のことは仕方がないんですね。過去も未来も他人の行動も干渉できない、
だから自分の干渉できること、自分の一番大事なものにパワーを使うことを忘れずにいたいものだと思います。



プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード