石を見に

sui6.jpg
ちょっと石が見たくなって、石で有名な観光地へ足を運びました。

sui5.jpg
夕べの雪が凍っており、この時季は人影もほとんどなかったです。

sui4.jpg
夏~秋にかけてはべらぼーに混む滝も、誰もいませんでした。

石を見たくなる時はたまにありますが、何か思うところがあったりすることが多い気がします。宮沢賢治も石っ子けんさんと呼ばれるほどの石好きで、河原でよく石を拾っていたと聞きますけど、その気持ちわかるなあ。
私は、スピリチュアルとか、パワーストーンでパワーを感じるとかの才能は全くない(笑)のです。
でも、宇宙があることだけは確実に分かっているわけで、昔に星が爆発して原子やらなんやらが集まって地球ができて、地面の下にはマグマやら地層やら海底火山やらがあるわけで。
長い間かけてできた石の結晶や化学反応でいろんな色になった物を、古代から人間が西洋でも東洋でもいろんなところで有り難がってきたのが面白いなあ、と思います。

町のおしゃれなパワーストーン屋さんもきれいですが、ここは昔の水晶の産地なので、石そのものといった商品が多いです。
水晶に興味はなかったけれど・・・安くて立派なクラスターがごろごろしていたので、つい、買ってしまいました・・・。
町のこじゃれたパワーストーン屋さんや博物館ならもっと高い値段がつけてあるのですが、こういう観光地は店頭におしげもなく転がっていたりして・・・なんだかお客さんも誰もいないしもったいない気がして、予定外に買ってしまいました。こんな寒い日に来てくれたから・・・と言って、お店の方が、石を置くコースターみたいなの(鏡みたいなやつ)をおまけでくれました。
sui2.jpg

それより、今回はレッドジャスパーとアベンチュリンを見る!と決めていたので、せっかくなので握り石とペンダントを買って帰りました。2つともパワーストーンの中ではかなり安い部類に入る石なのですが、私はこの石が好きです。でっかい石も飾ってありました。
sui7.jpg

石の好みというのは年々変わってくるんですよねー。最初に石屋に行き出したのはハタチくらいからでしたが、最初は青とかオレンジとか水色とか明るい色がきれいだなーと思ったけれど、そのうち紫とか、くすんだようなピンクとかもきれいだな、と思うようになり、今は柔らかい緑や、落ち着いた赤や、漆黒の石もきれいだと思うようになりました。ちょうど甲斐犬や印伝がきれいだと思うような、いぶし銀の良さみたいなのがあるんですよね。

sui1.jpg
しかし、水晶の結晶というのは不思議だなー。こういう小さいのがいっぱい出てて、そのなかに大きい角もあって。 小さいのがどんどん太っていくのだろうか。自然とこういう六角形?というか、とがった形になるそうで、成長過程で形が崩れないのが生き物みたいで本当に不思議です。
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード