映画を見てきました

新海誠監督の「君の名は。」を見てきました。見てない方のために内容は書けませんが、見る前に自分が期待していたよりもはるかに良かったです。
新海監督作品はもともと知り合いの方がファンで、それから私も興味を持って、一応全作視聴済みでした。大規模な上映は今までなかったので、映画館のスクリーンで見たのは初めてでした。最近では、テレビアニメでも背景がすごーくリアルなものがたくさんありますが、「秒速5センチメートル」なんかは何年も前ですし、リアルタイムで見たら本当に衝撃だったと思います。個人的に、新海監督の景色で一番好きなのが「電車」なのですが、金属にいろんな背景や光が写り込む描写は、「ただリアル、写真みたい」というのとはまた違った美しさがあると思います。


「君の名は。」は、「秒速5センチメートル」や前作の「言の葉の庭」系統の話ではなく、前前作の「星を追う子ども」の方に近いのかな?と感じました。(もちろん内容は全然違いますが)
新海監督作品は、どちらかというとストーリーよりも、絵や、心理描写や、それを彩る音楽に重きを置いている印象が強かったのですが、「君の名は。」は、一生懸命「物語」を紡ごうとしているのが伝わってきました。絵に力を入れながらも、同時に物語を伝えようとしている、それが今までのどの作品よりも強かったです。正直、「限られた尺の中なら、もう少しここを削っても、こっちを描いてほしかった」と思うシーンはあったのですが、それでも一生懸命な感じがとても好印象でした。

何作も作っている作家さんは、作品を重ねていくと「得意な分野」や「ウケの良い分野」が出てくると思うのです。それが個性だし、それを繰り返して質を高めていくのももちろん良いのですが、例え不安定になったとしても、冒険していく、試行錯誤していく、もっともっと伝えようとする・・・そういう一生懸命さは、見ている人に絶対に伝わるものだと思います。

個人的に、創作物は皆どこかしら何かに影響を受けていると思うし、ここがこれと似ているとか、良くあるパターンだとかそういうので評価するのはナンセンスだと思います。私は王道パターンは好きですし、むしろ外してほしくないと思うことが多いです。矛盾や突っ込みどころの一切ない、完璧なストーリーも難しいでしょう。
それでも、作り手の真剣さが伝わってくればそれで良いと思っています。そういう作品は、たとえ粗があったとしても、それを補う勢いがあります。
逆に、「このくらいでいいや」「こうしておけばウケるでしょ」というような作品は、やっぱりそれも視聴者に分かってしまうものです。
この映画とは関係ありませんが、最近期待していたアニメ作品で、あまりに安易な作り方にがっかりした物があったので、よけいにそう思ったのかもしれません。絵や音楽がせっかく良くても、熱が伝わらないと心は動かないと思います。

そんなわけで、人それぞれ、感想は皆さん違うと思いますが、私は見てきて良かったな~と思いました。
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード