スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬赤虎きららちゃん

4月15日の夕方、きららちゃんが亡くなりました。
山梨県塩山出身、甲斐犬赤虎毛、13歳でした。
このブログにもきららちゃんの記事は何度も書いたことがあり、犬の練習帳にも描かせていただき、何度も会い、さわらせてもらった犬でした。近年、こんなに交流のあったわんこは、私の身近にはいません。
自分で撮った写真は過去ブログに掲載してますので、今日は飼い主さんにいただいた写真を掲載させていただきます。

子供の頃のきららちゃん。
飼い主さんは、甲斐犬の女の子が非常に貴重なことを知らずに、気軽に「女の子が生まれたら欲しい」と塩山の親元さんにお願いしてあったそうです。そして生まれたのが兄妹の中でも唯一の赤虎で女の子のきららちゃんでした。女の子と言うだけでも貴重なので、赤虎毛となるとますます珍しかったのです。
雲母という鉱石がありますね。由来はそこからだったそうです。


家には上がらないように、としつけられていた頃のきららちゃん。
「右足が外についていればセーフ」というきららちゃんなりの判断で、約束を守っています。
ew9.jpg

小瀬日記の表紙に使わせていただいているこのお写真。
一人っ子のふう君を出産。同じ窓辺から、今度はきららちゃんが「出てはいけない」としつけている頃の写真です。ふうくんが少し大きくなるまで、きららちゃんは家の外に降りるのを許可しなかったそうです。もう大丈夫、と許可を出すのは、お母さんの勘なのです。
ew6.jpg

東京に住んでいるきららちゃんですが、たびたび故郷へ遊びに来ました。塩山にて。
ew1.jpg

富士五湖地域にて。
ew3.jpg

雨の中、山を走りました。
ew10.jpg

ふう君をなめてあげるきららちゃん。
ew13.jpg

ふう君が自分よりずっと大きくなっても
ew7.jpg

きららちゃんにとっては息子なのでした。
ew8.jpg

きららちゃんは、「こんな犬がいるんだ」と思わせてくれる犬でした。
ハチ公のような忠犬や、お話の中ではたくさんの賢い犬の話を聞きます。でも、実際にはめったに見られないでしょう。きららちゃんは、その一匹でした。
ew11.jpg
山道でぐんぐん先へ進んでいても、飼い主さんが遅れると、立ち止まって振り返り、待っていました。
日本犬をこれまでも何頭か飼ってきたという飼い主さんも、「きららは特別な犬」といつもおっしゃっていました。なんというか、犬じゃないような子でした。人間のような不思議な甲斐犬さんでした。
それでいてどんな犬よりも犬らしい、日本犬らしい、甲斐犬らしい、と感じる子でした。

ふう君とお母さんとお父さんに見守られて、お家で静かに旅立ったそうです。
すばらしい赤虎のお友達が旅立ったことが、とても寂しいです。
いつまでも、名犬として、私の記憶に残ります。

最後に、飼い主さんの作品を。
ew5.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いまは ありがとう!ありがとう!としか言えません・・ごめんなさい!
ふうが 散歩から帰ると、わたしの仕事部屋や、庭のあちこちをのぞくようにして、きららを探します
私は つとめて明るく振舞いますが、ふうには見破られています、ほんとの明るさではないことを。
犬は人間の、喜びや悲しみを、その人間から出ている匂いでわかるんだそうです・・
連休開けに 塩山と山中湖に行く予定です。さぞ つらい旅になると思いますが、乗り越えることが大切だと考えています、ふうのためにも、私のためにも。そしてきららも そう望んでるとおもいます。もし お会いできたら ふうに いつもより、ちょっと多めにやさしくしてやってください! ありがとう、ほんとうに感謝して
ます!

No title

>kiraraさん

こちらこそ、ありがたいお言葉、ありがとうございます。
迷いつつも・・・私の勝手で記事にまとめさせていただきました。どうしても書いておきたかったので。
赤、金色、茶色、黒、白・・・いろいろな色が混ざった雲母の鉱石を見ると、まさにきららちゃんにふさわしいお名前だと思います。
「匂いでわかる」。そうなのかもしれませんね。きららちゃんは何でもお見通しのように感じていましたが、そういうことなのかもしれません。
ふうちゃん、待っていますね。
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。