HACHIの映画

 最近テレビでHACHIの宣伝を見ていて、子犬時代のHACHIが柴犬に見える・・・と思っていたのですが、なんと本当に柴犬だったと今日知りました。
映画の公式サイトの解説を読んでいたら、秋田犬の子犬での撮影は難しかったとのことです。
そうなんですか~、いやー、すっきりしました。気になっていたんですよね。
お店に映画のチラシが置いてあったのでもらってきたのですが、うちの母とも「これ、どう思う?」なんて話をしていたところでした。



確かに秋田犬の子犬を海外で撮影、しかも演技をさせるなんて難しいかもしれませんね。
日本犬は敏感だといいますし、柴犬のほうが順応性は高いかもしれません。
海外は日本より動物保護がちゃんとしていて、撮影も生後何ヶ月とかいろいろ決まりがあるらしいので、秋田犬だと大きくなりすぎてしまうというのもあったらしいです。

日本の映画の「ハチ公物語」は子犬も秋田犬でした。
当時のポスターもみつけました。こんなのも見つけたのでこうしてみると違いが分かりますね。
日本の「ハチ公物語」では子犬はそんなに演技をしていなかったし(寝る演技とか
国内なので可能だったのかもしれません。
HACHIは見たいけれど映画館に行ってまでは見ないかも・・・・。というか、ここ数年映画館自体行ってませんからね~。でも、いつか必ず見たいです。
想像ですが、おそらく日本版よりは親しみやすく分かりやすいストーリーになっているんじゃないかなと思います。日本の映画って画面が暗いことが多いですからね・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

はぎさんこんばんは~。
HACHIはすっごく見たいんですけど・・・やっぱりレンタルまで待つことになるのかなーと思っています。私なんてもう6年くらい映画館に行ってませんので。(^^;
外国の駅と秋田犬の組み合わせがなんとも不思議ですよね。(^^)
でもやっぱりハチは秋田犬じゃないとなあ~。日本のハチ公はわりと実話に基づいた淡々とした映画でしたが、ハリウッドのほうがドラマチックになりそうですね。

ねっつんさん、こんばんは。

「Hachi約束の犬」ですか~
予告編などは観ていますが劇場に行くのはね(^-^;
でもわざわざ秋田犬の子犬を使うとは凝っていますね。
舞台はアメリカなのに秋田犬がいるってなんか微妙な感じです。
自分はDVDになったら観てみようかなと。
やはり犬を使った映画は和みますね。

ではでは

武蔵ははさん、HACHIご覧になったんですね。いいな~。
リチャード・ギア、渋いですよね~。(^^)
日本犬、中でも秋田犬はデリケートなので、信頼関係を時間をかけて作っていったとギアも言っていました。
ハリウッドでやるなら犬もレトリーバーだとか洋犬に置き換えても可能だったと思いますが、ちゃんと秋田犬で撮影したというところに熱意を感じます。
日本では住宅事情などで少なくなってきているそうですが、アメリカみたいに広かったら秋田犬ものびのびできそうですね。
私もいつか秋田の犬っこ祭りに行って本物の秋田犬を見てみたいなあ・・・なんて思います。(^^)

こんばんは
何を隠そう私 リチャード・ギア ファンです。
リチャード・ギアと秋田犬の共演「Hachi約束の犬」字幕で見てきました。
Hachi約束の犬 公式ストーリーブックももちろん買いました。
公式ストーリーブックを見て泣き、映画を見て泣きました。
この映画の主役は、秋田犬だとリチャード・ギアも言っていましたが、まさにそのとおりでした。
トレーナーも優秀なのでしょうが、この映画を見ると秋田犬と暮らしてみたいなと思いますね。
映画とはあまり関係ないのですが、大きいはずの秋田犬が普通の柴犬に見え、欧米人は大きいなと妙なところで感心してしまいました。(笑)
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード