最近の歌

最近になってハイロウズがクロマニヨンズになったことを知った。
ブルーハーツの頃から聴いていたけれど、ただ曲を聞いているだけで歌っている人の情報にはあまり興味がなかったので知らなかった。
友人がくれた曲の中にタリホーと天国生まれが入っていたのでそれで知りました。
ブルーハーツでもハイロウズでも歌はあまり変わらなかったけど、今度もあまり変わっていないので、やっぱり好みのようです。天国生まれ見たいな曲はけっこう好きです。

どこが好きなのかなあ・・?と考えると、たぶんいい加減なようでいて、ときどきドキッとさせるくらい鋭い歌詞が好みなのだと思います。あとさっぱりした、メロディも。

どこからブルーハーツでハイロウズなのかいまいち区別がつきませんが
前半は リンダリンダ 青空 ぼくの右手 ミサイル  ひとにやさしく 終わらない歌 キスして欲しい ラブレター 電光石火 月の爆撃機 ながれもの 夕暮れ 
などを聴いていました。学生の頃なんか印象が強かったですねー。
後半は
見送り バームクーヘン  胸がドキドキ 青春 フルコートのD 日曜日よりの使者 
シッパイマン スーパーソニックジェットボーイ 千年メダル 夏の朝にキャッチボールを 映画 一人で大人一人で子供 
なんかが好きでしたねえ・・・。バームクーヘンとかフルコートのDとか映画とか特に好きでした。

昔より最近の曲のほうが曲も軽い感じで歌詞もいい加減ぽいようなので、昔のほうが好きだという方もいるようですが、私は最近の曲がけっこう好きです。[:ニコニコ:]
なにか、トラウマとか感傷とかを一歩超えたたくましさが感じられるような曲がいいですね。

まあ、本当にわけのわからない変な曲も多いんですが、[:ひやひや:] 好きな曲もけっこうあるのでまたクロマニヨンズとかいう人たちの曲を聴くようになるかもしれないあ・・・と、ちょっと思っています。

あと、以前に探していたみんなのうたがみんなのうたではなく母と子のテレビ絵本というよく似た番組の歌であることが分かった。
みんなみんなおんなじ夢で~おんなじように眠る夜~という歌は「みんなみんな」という
タイトルだったらしい。どおりでみんなの歌では探せないわけです。でもきっと手に入れるのは難しいだろうなーと思います。みんなのうたでも難しいのに母と子のテレビ絵本ではなおさら・・・。もう一度放送してくれないかなあ・・・。[:ポロリ:]


勝手なランキング

小瀬日記のほうはアベルコーナーが仕上がりました。アベルのカトリに対する愛情は、
飼い主以上恋人未満・・・という感じでしょうか・・・。かわいいやつですね。

ところで、少し前友人が、うちのパソコンに歌を入れていってくれた。
そのなかに岡村孝子の歌がたくさんあった。
岡村孝子の歌はいつの頃からか聴いていた。CDは持っていないけど、
昔はテープにコツコツ集めたりしたものだった。
岡村孝子の曲の特徴はさわやかメロディだと思う。歌詞はけっこう真剣だったりするのだが、さわやかメロディなのであまり気がつかない。さらっと聴けるような曲が多い。
「夢をあきらめないで」などが有名ですが。
そこで、この機会に岡村孝子の曲で何が一番好きかちょっと考えてみた。
例によってあまりどうでもいいのですが、ベスト3を考えてみました。

3位は「長い時間」です。
ダメな生き方でもいいから~私らしくいたい~♪という曲。
なんかいろいろ迷いながらもさわやかメロディで、流れるような一曲。

2位は「青い日々」です。
も一度~流れる風よ~青い日々を~私の中に今とりもどして~♪というやつ。
タイトルどおりさわやかな青と言う感じの歌です。ふと立ち止まって青を思い出させてくれるような一曲ですね。

そして1位は「リベルテ」です。
モ~ラルだけが~残った~♪というやつですね・・・。
1位と2位は甲乙つけがたいのですが、こちらのほうが昔から聴いている曲なので。
この歌はサビよりで出しのところがもっと好きです。目をー閉じたままーただー考えるーというところがメロディ的にも好きで、一番初めに聞いたのは学生の頃だったけど、聞き飽きないさわやかなロングセラーです。

その他は、
「無敵のキャリアガール」「ピエロ」「月が泣いた夜」「一人歩き」なんかがあげられます。
なんかすごく女っぽくて20代後半~のOLの悩みのようなけっこう重い歌詞だけど、さわやかメロディに乗せてさらっと聴けるところがいいですね。
無敵のキャリアガールなんかちょっと調子のっててたくましい感じで面白くて好きです。

全体的にちょっとしたたかでたくましくて、さわやかな応援歌という感じで
長く愛される曲が多いんじゃないかなーと思います。

ムーミンクッキー

今日は気まぐれにムーミンのクッキーを作った。
以前型をいただいたので、それを使って作った。


この型を使うと一応、フローレン、スナフキン、ママ、パパ、ムーミン、ミイと作ることができる。何かクッキー以外にも使い道がないものだろうか・・・。

クッキーを作ることになったのは、バターが余ったからだった。なぜバターが余ったかというと、先日パウンドケーキを焼いたからだった。パウンドを焼くことになったのは、棚の奥にあった5,6年前の賞味期限が切れたお菓子材料を始末するためだった。
アーモンド粉、粉砂糖、コーンスターチ、バニラ、ドライベリーなどが完全に放置され、カチカチになっていた。バターだけ買ってそれらを適当に混ぜて作った始末ケーキは、なぜかとてもおいしく上手くできた。偶然が生んだ奇跡の配合だったのかもしれない。

今回はそのバターも使い切り、これでうちのお菓子材料は一掃された。
お菓子というものはこうやっていつも何かしら材料が残り、
それを始末するために作ったケーキの材料がまた残っていくものだ。そして忘れてしまう。今回はうまく使いきれて良かった。お菓子を作るときはいつも気持ちより先に材料がある。もっとお菓子を作りたいと思って材料を買うような積極性があるといいんだけど、なかなかできないものです。[:ムニョムニョ:]

プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

世界名作劇場雑記

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード