FC2ブログ

あけおめ2021

あけましておめでとうございます。ただでさえ出不精で載せる写真がない上に、コロナ禍でますますどこにもいかず、放置しがちなブログですが、今年もとりあえずいつも通りのお正月です。
黒豆だけ煮て、好きなおせちアイテムだけ2、3買い、雑煮を食べるという相変わらずのパターンです。
sh5.jpg

sh3.jpg

sh1.jpg
そうそう、ダジャレ大事だから。
くだらないけど、こういうのは気持ちのものだから。(^_^;)
日本人は好きだけど、外国でもダジャレで食べるってあるんでしょうか?

sh2.jpg
いや、それはないような・・・。イカ黄金けっこう好きです。

毎年思いますが、去年は特に努力運というものを感じた年でした。
外側のアクションが派手な人ほど、全部自分でやったんだと言いがちですけど、
ベストを尽くそうとするのは基本で、あとは努力運次第ですね。
だってできる時にしかできないし、できたことは条件がそろっていたからだと思います。
そんなわけで、とりあえず第一条件の健康のために、面倒でもできる対策だけはして過ごしましょう。

sh6.jpg

サンタの歌の捜索について

以前ブログに書いたサンタクロースのクリスマスソングについての続報です。
保育園で習ったクリスマスソング、ご存知の方いませんか?という記事でした。
このたび現役の保育士さんから、コメントで歌詞をいただいていたことに気づきました。
長期間ブログ更新がなかったせいで、コメントが承認制になってしまっていたため、ブログ上に載らず、他にもコメントくださった方もいたのに、昨日まで気づきませんでした。大変失礼しました。 (´Д`ι)アセアセ
その方によりますと、正式な歌詞かは分からないし楽譜もなくタイトルも確実か分からないけど、幼稚園に手書きの楽譜で言い伝えられてきたそうです。

こちらの小瀬日記メールフォームまでメールいただけましたら、
「正式かは分からないけれど、通りすがりの保育士さんの園では代々こう伝わっている」、
というタイトルと、2番までの歌詞で良ければ、メールでお教えできますので、知りたい方はご連絡ください。

いただいたコメントの歌詞を残しておきたかったですが、
著作権情報センターや日本音楽著作権協会に問い合わせてみたところ、
正式なタイトル、作者が分からないとなると確実には調べようがないそうです。
音楽協会のデータベースでも、検索はタイトルか作者が正式に分かるものとのことで、
しかもヒットしてもメロディや歌詞は載っていないので、記憶の歌と照合することは無理ということが分かりました。
実名なら著作権範囲内の可能性が高く、
探して見つからない場合も、作者不詳と楽譜に書いてある以外のケースは、無名と判断できない上に
正式な発表年が分からないので、無名かつ発表後70年経過にも当たりませんでした。
そんなわけで、ブログ上からは削除し、上に書いたような形にさせていただきました。

かめさん、むーさん、いなとらさん、通りすがりの保育士さん、改めて、コメントいただきまして本当にありがとうございました!
皆さんそれぞれ、ご自身の記憶や思い出を書き込んでくださったのに、申し訳ありません。m(_ _)m
でも、80年ほど前幼稚園で習った人がいる、70年近く前に歌った、最近子供が習ってきた、亡くなった祖母が疎開先で習った、今でも幼稚園で教えている、などたくさん歌った人がいることが分かり、本当に印象に残る歌だったんだなあ~、と思いました。
たくさんの方が園児の記憶で覚えてるくらいですから。私自身も40年程前の保育園の記憶で、毎年クリスマスのたびにうろ覚えで歌い続けていました。
現在の保育士さんが、楽譜を手書きまでして言い伝えてきたというのも、それだけこのクリスマスソングが心にしみるからでしょうね。(´▽`*)

メリクリ2020

ブログの書き方も忘れるほどの放置ぶりですが、今年もクリスマスの様子を書きます。
2020年皆さん大変でしたし、今も予想通り冬真っただ中で大変な時期なんですが、とりあえずいつもと変わらぬクリスマスです。

k202.jpg
そうだよ。なんかのクリスマスCMでも言ってたでしょ。今年は特別なことは何もいらない、変わらぬ皆がいれば・・・みたいに。

k204.jpg
違いと言えばそれくらいだね。なんか気のせいか、サンタが狭い。まさか直径が・・・??なんて思ったりしましたが、違うかな?(^_^;)
今年はスーパーで数も種類もあまり置いていなくて、23日も平日で置いてなかったし、
売り子アルバイトさんもいなくて必要最低限でしたね。
地味だけど、無駄がないのはいいことです。
私としては変わらないので、いつもの丸型最小サイズを手に取るのみです。

k203.jpg

k201.jpg

k205.jpg
ほんとにね、懐かしい味だね。甘いと言う人もいますが、クリスマスケーキは懐かしの味が好きだなあ。
なかなか予約までしないし、当日売りはありがたいです。今年とりももとケーキだけのクリスマスでしたが、これでよし。

言うまでもなく今年はいろいろありましたし、冬はまだ続くので大変なのですが、こうして変わらぬクリスマスは良いですね。
いつもと事情が違うのだから、無理して例年と同じことをしないという柔軟さは必要ですし、
逆に、こんな時だからなるべくいつも通りに変わらぬ日常を、というのも大事だと思います。
対処できるところはクールに素早く、できないところは日常を保つよう工夫するのがベストなんですが、日本人はクールが苦手だなあと有事にはいつも思います。常に思いますが、スルースキルが高すぎるのが良い所であり悪いところでもあります。
春頃マスクがなかった時に、即座に手作りマスクの作り方がネットにアップされたり、しかもプリーツ型や立体型などの型紙や動画もたくさんあり、こういうところは工夫の日本人らしいなあ~と思いました。
100円均一みたいな店があるのも、お国柄なんじゃないかと思います。
個人的には今年はもちろん予定通りいかないこともたくさんあり、でもこの状況下で予定外にできたこともありました。
このご時世で、まあまあ運よく頑張れたんじゃないでしょうか、というのが2020年でした。
どこにいても何をしてても、結局のところやれることは変わらないので、皆様、うがい手洗いであったかくして冬を乗り切りましょう。 ('-'*)

あけおめ2020

k20201
サイトもほったらかしている近年ですが、今年もこちらの年賀状でご挨拶させていただきます。
相変わらず地味なおせちと、今年は奮発して100均のオブジェ(門松)を用意しました。

k20203
お、一月一日だね、ポムちゃん。

k20204
って誰!?(・・;)

k20205
ああ、「かわいいの」ですね。アルプスの少女ハイジの。wikiによると、ネズミ目、リス科、マーモット属・・・ふむふむ。

k20202
この皿、黒豆にしか使わないけど気に入ってるんですよねー、昔かったんですが古具屋で50円と激安だったヒラメ。

風の中を自由に歩けるとか、はっきりした声で何時間も話ができるとか、
自分の兄弟のために何円かを手伝えるとかいうようなことは、
できないものから見れば神の業にも等しいものです。
そんなことはもう人間の当然の権利だなどという考えでは、
本気に観察した世界の実際と余り遠いものです。
どうか、今のご生活を大切にお護り下さい。
上のそらでなしに、しっかり落ちついて、
一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、
苦しまなければならないものは苦しんで生きていきましょう。(宮沢賢治の手紙)


毎年お正月にはこの詩を思い出すのですが、去年はいろいろ大変だったけど、今年もいろいろやらなくてはならないようで・・・とにかく「努力できる運」というものが自分にあるといいなあ・・・と思っているところですけどねえ。
常に思うんですが、努力したからできるというのは傲慢で、ほんとは努力できる運があったからできるんだと思いますし。それは健康であるとか、平和であるとか、災害や事故に遭わないとかいろいろな条件がそろった上でのことであるし、そういう奇跡的なバランスの中で誰でも人事を尽くそうとするのでしょうね。まー、でも元々の実力が少ないので(笑)、できることはできるし、できないものはできないから、今年も気張らないようにやっていきたいですねえ。

k20208.jpg
ちなみにこちらは去年アレンジして作ってみたブレスレット。なかなか人に見せる機会がないのでお正月に載せてみました。赤いのはレッドジャスパーという一番好きな石です。天眼石(縞めのう)は2番目に好き。水晶は数年前昇仙峡で安かったので買いました。白いビーズはホワイトカルセドニーです。めのうもジャスパーもカルセドニーも混ざっている物の違いこそあれみんな石英(水晶)系統です。みんな水にも太陽光にも強く、硬度が高くて丈夫、そして比較的大量に採れて珍しくないのでお安い、という私好みの石です。綺麗で珍しくても扱いが難しかったりやわなのは好きじゃないんですよね。やっぱり普段どんどん身に着けて使える石が好きです。石は飾っておくより身に着けていたい派なので、石ブレスは昔から唯一身に着けているアクセサリーです。

メリクリ2019

今年もクリスマスの時季になりました。
相変わらずですが、ポムちゃんがやってきました。
k193.jpg

k194.jpg
こういうのは毎年少しずつデザインが違いますが、ついに最終形態になったのか、去年と全く同じ!

k191.jpg
くっつかないフィルムも全く同じです。まあ、不景気もあるんでしょうが、毎年変わる必要もないよねーと思います。小物も使いまわせるしムダがない。ちゃんとカットの角度を考えてくれて人数分のイチゴがついてこれ以上の形はないと思うなあ。

k192.jpg
あーテレビで言ってたね。農作物は安定に確保するの難しいよね。今年は台風で大変だったし・・・。それでも同じ数の綺麗なイチゴがついててすごいよね。

k197.jpg
ま、まあ、あんまりきれいだから何か処理がしてあるのかもと毎年思うけどね(^-^;)
ま、でもこういうイベントは野暮なこと言いっこなしよ。おせちとかクリスマスケーキとか、まずあることが大事だからさ。
イチゴは切ると傷みやすいので(明日も食べる)今年はヘタを付けたまま洗ってよく拭くことにしました。

k195.jpg
いつの時代も子どもたちはイチゴが好きですからねえ。

k196.jpg
だね。今年も例年と同じ鶏ももでご飯を食べ、例年と同じケーキを食べ、どちらも安定の味がして幸せでした。変わらないっていいことですね。毎年変えなきゃとか、右肩上がりとか、エコじゃないし時代に合わない気がするんですよね。予約しないと買えないものが多いので、スーパーの当日売りケーキの安定感は、たくさんのご家庭で重宝されているんでしょうねえ。

海の魚

また海へ行きました。去年もそうでしたが、台風一過でした。近年夏に災害が多すぎるので本当にやめてほしい(ーー:)

今回網で磯の魚をすくったのですが、小ハゼと小フグがとれました。小フグが非常にかわいかったです。

こちらは釣った普通サイズのフグ↓
sa5.jpg
魚も幼魚と姿が変わるのもあるのでしょうが、クサフグはそのまんま小サイズで本当にかわいかった!卵はもっと小さいはずだからもっと小さい時代もあるんだろうか・・・とか、いろいろ考えちゃいますね。

そしてまた今回初めて見る魚が!この辺の海には何種類いるのだろう。
sa6.jpg
複雑なまだら模様、全体に赤っぽい色でした。こういうとげとげしてるのは気を付けないと!この辺ではハオコゼという痛い魚がいるらしい。(゜д゜;) でもネットで見るとそれとは違う感じだなあ。カサゴかもしれない。
sa7.jpg
本当に複雑な模様で、サバとか魚のこういう模様を見ると、なんとなくアイヌのイメージがわきます。

追記: うーん、あの後良く調べたらカサゴとは腹びれが違うような。腹びれの縞々はクジメに似ている。しかし顔つきや柄はカサゴっぽくもあり。でもホルムはクジメかもなあ。

追記の追記: いや、違う!これはアヤアナハゼです!間違いない! 実はこの魚の前に、これと同じホルムでおなかと口が青い魚も釣れたのですが、針が深く瀕死に弱ってしまい(;_;)急いで逃がしたのです。アナハゼには青いのもいるようです。青いのはレントゲンみたいにヒレが透き通ってました。
これは透き通ってないし、模様からしてアヤアナハゼだと思います。私の好きな石のカンババジャスパーみたいな、おなかの緑模様がきれいでした。アナハゼにも何種類かいるようです。こちらのWEB図鑑にありました→https://zukan.com/fish/internal5370

暑中ソフト

暑いです。とうとう今年もまたこの季節が来てしまったか・・・と思います。
まあ仕方がない、なぜなら8月なのだから・・・と言い聞かせる日々も毎年のことです。
しかし今年は湿度がすごい。史上まれにみる湿度だと個人的には思う。(´Д`;) 
これも毎年言っていますが、私の地域は夏の蒸し暑さは、30度で50%が基準線なのですが、今年は30度で60%以上ある。通年より10~15%、ひどいと20%湿度が高いというのが総評です。

暑くてますます出かけないので、せめて近くの道の駅でソフトを食べに行きました。ここはいろんなソフトを作っていてしかも美味しいです。でも毎回トマトソフトを食べてしまいます。ソフトにはうるさいほうですが、これは非常に美味しいです。今はもろこしとトマトソフトが季節のようです。ふつうの白いソフトもレベル高いです。
85.jpg

良いソフトというものは、早く溶けるものなのです。添加物が少ないからかな? もくもくと一気に食べるのがおススメです。その点において、良いソフトはお子さんには向かないですねー。大人でないと一気に食べれないから。
人生で食べたソフトで美味しかったのは、清泉寮、富士河口湖大石公園ブルーベリーソフトと八木崎公園ラベンダーソフト、富士山の風穴のもろこしソフト、岐阜恵那峡サービスエリアの栗ソフト、安曇野わさびソフトなどなどがあります。私は変わりソフトは普通の白とミックスが可能ならミックスにしています。そっちの方がフレーバーが濃すぎず、バランスが取れて美味しいことが多いからです。とくにブルーベリーとラベンダーは白と混ぜた方が断然好きです。

たまたま三猿が一緒だったので分けてあげました。
83.jpg

しかし三猿はインスタ映えとは程遠いなあ・・・。ブログだけど・・・。
87.jpg

追記: っていうか思ったんだけど、さんさるって呼んでいるのは私だけなんだろうか?? 検索するとさんえんとかさんざるとふりがなが出てきますが・・・ ま、まあどうでもいいですね(^_^;)
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
リンク
ブロとも一覧

HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード