FC2ブログ

暑中ソフト

暑いです。とうとう今年もまたこの季節が来てしまったか・・・と思います。
まあ仕方がない、なぜなら8月なのだから・・・と言い聞かせる日々も毎年のことです。
しかし今年は湿度がすごい。史上まれにみる湿度だと個人的には思う。(´Д`;) 
これも毎年言っていますが、私の地域は夏の蒸し暑さは、30度で50%が基準線なのですが、今年は30度で60%以上ある。通年より10~15%、ひどいと20%湿度が高いというのが総評です。

暑くてますます出かけないので、せめて近くの道の駅でソフトを食べに行きました。ここはいろんなソフトを作っていてしかも美味しいです。でも毎回トマトソフトを食べてしまいます。ソフトにはうるさいほうですが、これは非常に美味しいです。今はもろこしとトマトソフトが季節のようです。ふつうの白いソフトもレベル高いです。
85.jpg

良いソフトというものは、早く溶けるものなのです。添加物が少ないからかな? もくもくと一気に食べるのがおススメです。その点において、良いソフトはお子さんには向かないですねー。大人でないと一気に食べれないから。
人生で食べたソフトで美味しかったのは、清泉寮、富士河口湖大石公園ブルーベリーソフトと八木崎公園ラベンダーソフト、富士山の風穴のもろこしソフト、岐阜恵那峡サービスエリアの栗ソフト、安曇野わさびソフトなどなどがあります。私は変わりソフトは普通の白とミックスが可能ならミックスにしています。そっちの方がフレーバーが濃すぎず、バランスが取れて美味しいことが多いからです。とくにブルーベリーとラベンダーは白と混ぜた方が断然好きです。

たまたま三猿が一緒だったので分けてあげました。
83.jpg

しかし三猿はインスタ映えとは程遠いなあ・・・。ブログだけど・・・。
87.jpg

追記: っていうか思ったんだけど、さんさるって呼んでいるのは私だけなんだろうか?? 検索するとさんえんとかさんざるとふりがなが出てきますが・・・ ま、まあどうでもいいですね(^_^;)

最近の読書

最近なぜか広告が出ないのをいいことにブログを放置していました。出ないわけではないのかな?期間が長くなったのかな??
それはさておき、あまりにクリスマスとお正月の記事ばかりになってしまっても何なので(^_^;)、最近読んでいる本から思うことなどを書いて埋めてみます。

最近(と言っても去年)読んだ本の中で、石井ゆかりさんの文章が大変興味深かったです。
2018年の最初に買った本なのですが「3年の星占い」というシリーズです。この方は雑誌などで記事を書いている大変人気の占い師だということを本を買うまで全く知りませんでした。友人に聞いても知っていたし、自分が全く雑誌など見ないから知らなかったけれど、ものすごく有名な著者でした。

続きを読む

美空ひばりのこと

またしても忙しぶっているうちにブログが冬で止まっていました。最近もいろいろありましたが、まあ、最低限の責任だけはなんとか果たせたかなー、と思っているところです。ちょっと小休止。明日から10連休と言っていますが、自分は関係ないですねえ。

どこも出かけず、花見も過ぎて何の写真もないので、またマイナーな話シリーズを書こうと思います。ときどきカテゴリ分けしているシリーズですが、普段誰とも話せない自分の中だけで好きな話を勝手に語るコーナーです。
今日は演歌鑑賞シリーズで欠かせない美空ひばりを。もはやマイナーでも何でもないですが、自分の周囲では聴く人がいないので普段の生活で話題には上がりません。

誰にでも初めて買ったCDというのがあると思いますが、私の場合、なぜか小学生の時突然買いたくなった美空ひばりのカセット全集でした。(^_^;) 当時はCDも出始めていましたが、演歌はまだまだカセットが多かったのです。
昔の演歌の人は才能ある歌手が多いですが、やっぱり美空ひばりは天才なんでしょうねえ。自分が聴き始めたころすでに、川の流れのようにとか愛燦燦とか歌っていたので、まもなく亡くなってしまったのでリアルタイムではあまり知りません。
以下、手元にあるラインナップで好きなものを勝手に上げていきます。

●もし自分の中でどれが一番好き?と考えますと・・・うーん、迷いますが・・・
やっぱり「東京キッド」かなあ。
すごい初期の曲じゃん!って感じですが(^_^;) でも、映画俳優でも何でも、デビューまもないころの最初に話題になった作品が、全ての中で結局一番好きってことは結構ある気がします。この時点ですでに子供の声じゃないというか、貫禄十分なリズム感が天才って感じです。
「東京キッド」、「悲しき口笛」、「越後獅子の唄」あたりは蓄音機っぽい音源というか、雑音が入っているのもひっくるめて好きです。東京キッドはジャズっぽい?のかな? 音楽用語は分からないけど、なんかスウィングするようなリズム感がいいんですよね。
特に好きなところは、「もぐりたくなりゃ~」であげておいてからの「マンホール~」のスウィング?ビブラート?感です。
「悲しき口笛」はアコーディオンの楽譜に載ってたのでよく練習しました。前奏と間奏がアコーディオンによく合います。音楽の才能がないので騒音に終わりましたが、ちゃんとできたらすごくかっこいいはずです。
0.jpg

●あと、結構好きなのがマドロスがついたりする、船乗りっぽい曲です。
「港町十三番地」、「浜っ子マドロス」、「三味線マドロス」マドロス物ってけっこう流行ったのかな?と思うのですが。三橋美智也とかでもあったし。「港町十三番地」の海の苦労をグラスの酒に~みんな忘れるマドロス酒場~ってとこが好きです。美空ひばりは江戸っ子調のべらんめえな口調が粋ですねえ。自分がお酒飲めないので分かりませんが、酔っぱらったらこういう歌が口をつきそうな気がします。

●あと好きなのは、スカッときっぷがいい感じの曲。江戸っ子調のこぶしが粋で、気持ちがいいです。
「柔」 言わずと知れた、勝つと思うな思えば負けよっていう有名なやつです。
「人生一路」 花は苦労の~風に咲け~ってとこと好きです。
「人生将棋」の勢いとかすごい。勝負師の歌って結局、誰にとっても人生は勝負だって言ってるんですね。
「芸道一代」も好き。命~ひとすじ~芸一筋で~ってやつ。わたし見ている母がある~母がある~っていうところ好きです。
他の歌手でもありますが、将棋指しとか三味線とか、噺家、浪曲、武道家系、どれも命がけって感じの歌詞が多いなあ・・・。昔のこういう世界は特に厳しいんだなあと思ったり。三波春夫も「芸のためなら死ぬ覚悟~泣いて鬼にも~泣いて鬼にも~かたきにも~」とか言ってるし。(・・;)

●「川の流れのように」とか「愛燦燦」はもう、歌手としても人生としても集大成という感じです。
「川の流れのように」は作詞秋元康というのがすごいですね。秋元康のことも以前書いたことがありましたが、もうセーラー服を脱がさないでとか、ヘビーローテーションとか言ってる場合じゃないっていうか・・・ほんと幅広い才能がある作詞家さんです。
ちょうど年号も変わりますが、川の流れのように~ゆるやかに~いくつも時代は過ぎて~という心境になりますね。

「愛燦燦」の歌詞は沁みますねえ。わずかばかりの運の悪さを~恨んだりして~ってとこが特に好きです。この曲を聴くと、結局命にかかわること以外は「わずかばかりの運の悪さ」なのだということを思ったりして、ふっと笑ったりします。人は哀しい、人はかよわい、でも人はかわいいものなのだと、人生って不思議で嬉しいものなのだと、美空ひばりが語りかけてくれる名曲です。

●音源持ってないのでほしいのが「龍馬残影」という曲です。「風が~まうのか~おりょうの声か~」ってやつです。土佐の歌は必ず、土佐の~高知の~はりまや橋で~っていうのが入るなあ。ペギー葉山とかも。高知の祭りのよさこいの踊りにも、間にこの部分を入れるんだそうですね。 

いつも思うのが、美空ひばりはいつ歌ってる映像でも、歌い方がCD音源と同じなのがすごいです。録音でないステージだと多くの演歌歌手が声が出ないので、こぶしでごまかしたりリズムや間を変えて歌ったりします。そういうのってお客さんからすると残念だと思うのですが、美空ひばりはいつでもちゃんと歌います。今の演歌歌手でちゃんと歌う人って何人いるだろう。島津さんとか氷川君とか冬美ちゃんとかはきっちり歌う印象がありますが、そういう人はボイストレーニングを欠かさないんでしょうねえ。
若いときは誰でも声が出ますが年齢とともに出なくなるので、よく懐かしのメロディとかの番組でご本人が出てくると、昔の映像流してほしいと思ったりします。美空ひばりは最後までリリースしたときの曲と変わらない歌声でした。
字でも絵でも歌でも、才能ある上手な人が一生懸命やるのってすごく好きです。上手なんだからささっと流しても十分上手いのに、それをしない。それってその対象への「愛」だと思いますよね。(*^-^*)

犬のTシャツアップ追加です

以前もこちら↓の記事で紹介しました犬のTシャツ屋さんですが、
Tシャツ屋さん作りました
Tシャツ屋さん追加しました
アップシリーズも年末に追加しましたので、紹介します。立ち姿シリーズと全く同じ数で顔だけのバージョンも作りました。トートバッグも同じく置いてみました。
men1.jpg

men2.jpg

men3.jpg

men5.jpg

こうしてお祭りのお面のように描くのはとても楽しかったです。こういうお面あれば買うのになあ~なんて思いながら描きました。 Tシャツ屋さんは自己満足ではありますが、一応日本犬を練習してきた集大成と言うか、卒業制作(いや、これからももちろん練習は続けるんですけど)みたいな感じで何か形にしたかったので、満足です。(*^-^*)
このシリーズのように同じ大きさで描いてみると、種類ごとの日本犬の特徴に改めて気づかされて新鮮でした。北海道犬は耳が小さめだとか、山陰柴犬は普通の柴犬より耳が真ん中に集まってきゅっと立っているなあとか、秋田犬は口元やあごのラインが他の日本犬とは全然違うなあとか、いろんなことを考えながら作りました。
デフォルメというのは簡単そうで全然簡単じゃないんですね(^_^;) 色も3色以内にしようと決めていたのでかなりシンプルな線にしましたが、自分の中のその犬の種類の脳内イメージがだいたい出せたかなーと思います。ご興味のある方は、こちら↓からよろしくお願いします。(^-^)/
inutbana.jpg

あけおめ2019

20193.jpg
2019年あけましておめでとうございます。今年も細々ではありますが、ブログも書いていきたいと思っていますので、つながっていただいている皆様、よろしくお願いいたします。

20191.jpg
そうだよ。(`・ω・´)キリッ
クリスマスと同じで例年通り、黒豆だけ煮て好きなアイテム(伊達巻ときんとん+α)市販で買うだけのお正月です。
あと雑煮は食べるけど・・・そんなもんで充分でしょ?
20192.jpg

風の中を自由に歩けるとか、はっきりした声で何時間も話ができるとか、
自分の兄弟のために何円かを手伝えるとかいうようなことは、
できないものから見れば神の業にも等しいものです。
そんなことはもう人間の当然の権利だなどという考えでは、
本気に観察した世界の実際と余り遠いものです。
どうか、今のご生活を大切にお護り下さい。
上のそらでなしに、しっかり落ちついて、
一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、
苦しまなければならないものは苦しんで生きていきましょう。 (宮沢賢治の手紙)


2018年はいろいろ忙しかったのですが、今年もこんな気持ちで、日々やっていきたいと思います。
誰しもベストを尽くそうとするのは当然としても、その中でできたことはそれを可能にする条件や運があったということだし、できないものはどうやったってご縁がなかったのだからしょうがない(^_^;)と思います。
管轄外の隣の芝生は「見ざる言わざる聞かざる」、自分が一番大事にしたい事柄、人たちだけにパワーを使って過ごしたいですねえ。もともと少ないパワーなので(笑)無駄遣いせず、世の中平穏なら丸儲け、くらいの気持ちでいきたいなあ~ (^-^)ゞ ポリポリ
ねえ、三猿。
60196.jpg

メリクリ2018

今日はクリスマスイブですが、今年は週末アンド3連休で巷ではいつにも増して大騒ぎではないでしょうか?金曜の夜から25日まで、所属している様々なグループのお付き合いの会から、大事な人と過ごす本番まで、何度も各地でパーティーが開かれている様子です。
うちはそんなの関係なく、例年通りケーキととりももを食べるだけです。しかも連休で混むから23日の朝一で買い物に行って済ませました。

2018kuri1.jpg
何だポムちゃん、その手慣れた感じは・・・。(・・;) 

2018kuri2.jpg
今年はケーキととりもも合わせて全部で3400円くらいで揃えられて満足でした。若い頃と違って、ケーキもとりモモもそんなにたくさんなくていいと思うようになった最近です。そんなわけでケーキも当日売りヤマザキ最小サイズのホールです。やっぱり小さくても丸いのを食べたいというのがあります。

2018kuri3.jpg
去年と同じがっちりケーキでした。しかしちょっと遡っただけでメリクリ2017という更新頻度の少なさにびっくり( ̄Д ̄;

2018kuri4.jpg
ポムはいちごが好きだなあ。

2018kuri5.jpg
しょーがない、一個あげよう。

2018kuri6.jpg
ポム、クリームついてるよ・・・。
しっかし毎年相変わらずな写真です。(^_^;)写真だけ見るとどの年か区別がつきませんが・・・まあ、それもいいものですね。
スーパーの焼き鳥みたいなタレのかかったとりももでご飯食べて、当日売りのケーキを食べる以上のことってない気がする近年です。いや、もちろんごちそうも美味しいですけど、満足度としてはこの二つで完璧だと思います。
昔よく買った、家庭で簡単に作れる生クリーム(粉とか液体のちょっと混ぜただけで硬くツノが立つ甘い生クリーム)の味がするケーキはクリスマスにしか食べられなくなってきました。洗練されたあっさり生クリームも美味しいけれど、たまにはこういう昔ながらの味が恋しくなるので、スーパーの当日売りケーキはこれからもこの味であってほしいなあ。真ん中の缶詰パインとモモも好きなので、続けてほしいです。

Tシャツ屋さん追加しました

以前記事で紹介した日本犬のTシャツ屋さんですが、川上犬、山陰柴犬、美濃柴犬を追加しました。
u5.jpg
これで立ち姿すべて完了しました。Tシャツと同じデザインでトートバックも作れたので、せっかくなので置いてみることにしました。(トートバックは裏面は足型です)
u7.jpg

川上犬、山陰柴犬、美濃柴犬ともに珍しい犬種なので、ブログでリンクさせていただいています犬ブログの皆さんを参考にさせていただきながらデザインしました。実は、川上犬と美濃柴犬は実物を見に行ったことがありまして、その時の写真も参考になりました。山陰柴犬も鑑賞会が毎年あるようなのですが、なにしろ鳥取は遠いので、なかなか行く機会がありません。(´д`)
デザインした9種類の中で一度も本物を見たことがないのは北海道犬と山陰柴犬です。紀州犬と秋田犬は遠巻きに見たことがあります。

u4.jpg
天然記念物6種のデザインは、最終的に丸い形にしてみました。6匹だと横並びより輪になっている方が真ん中よりになるかな、と思って。こうして並べてみると、今回もう一つ作っても良かったかな、と思っているのが、四国犬の黒四つという毛色です。数的に奇数は半端になるので今回は見送りましたが、四国犬の黒四つさんは本物に会ったことがあるのです。数年前、偶然犬ブログの方がご近所だと判明して、四国犬の赤ゴマと黒四つの兄弟犬のお散歩に同行させていただいたことがありました。四国犬の黒四つは黒柴犬とよく似た毛色です。もし、黒四つ欲しいというご要望があれば(たぶんないと思いますけれど・・・^_^;) 小瀬日記からでもご一報くだされば作れると思います。
プロフィール

netunn

Author:netunn
小瀬日記管理人です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

TETO日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード